240524fri

曇 29℃

10時起床。12時前に家を発つ。

13時ごろYから、明後日26日朝には静岡のGに帰ることにしたと報告のLINE。あ、明後日???急やな??


午後から8時間労働。しんどい。何もできない。3日分の報道を追う。
東○新聞が面白い。24日付・北陸の復興ラベル「つなぐ石川の酒」(石浦弘幸さんデザイン)が折り紙やリボンを連想させるもので洒落ている。24面にて皇居の森吹上御苑6000種のゆりかごの記事。リュウキュウツヤハナムグリ
帰路にて試用期間が延長したチョコザップ。10分のトレッドミル(走るやつ)とその他筋トレ。脚と腹と肩を鍛える。40分くらい滞在した。

帰宅するとYの用意したキーマカレーが鍋にあった。深夜だが、おかわりして2杯食べた。

 

Yの厚意に感動し酔っている自分と、冷めた目で突き放す自分とがいる。ストーカーからはるばる逃げてきたYが毎日欠かさず甲斐甲斐しく料理して差し出すのは、結局我々が気が置ける仲にすぎなかったということ。Yがリラックスできなかったということではないか。まただ。また話が噛み合わないまま交流の時間が終わる。表面的に取り繕っているだけで噛み合っていないことに、Yは本当に気づいていないだろう、雰囲気が牧歌的だもの。自分は牧歌的な雰囲気には埋没できないタチなのだ。気づいていないなら気づいていないでいい。今はYにとって危機的なタイミングなのだからそれで仕方がない。

立ち返らなければいけないのは、自分は親しい間柄の人間に対して交流における知的充足感を求めるということではない。それとは別に、本来痛めつけられるべきではないにも関わらず弱い状況に追い込まれた人を助けられる余力が自分にあるうちは、助けた方が自分の気分がいいということだ。

これは偏見と女性蔑視的差別心に基づく発言だとわかっていてあえて書き残す(自分に偏見と差別心があることを自覚するためである)が、「容姿が美しく気立ても良いが知的な会話が成立しない異性の恋人」を持つ男の心理というものが、なんとなく想像がつくような気がした。

自分は本当に心の底から「勉強はいいぞ」ということをYにわかってもらいたかったが、伝え方がわからなかった。勉強は自己破壊の側面を持つものと社会で闘うための力強い武器になるものとがあって、どちらにせよ勉強はいいぞと理解してもらいたかった。「勉強はいつでもできる」「今じゃなくてもいい」ではなく、勉強し続けたことが人格の地層になるのだから片時も離れず机上に向かい自覚的に勉強し続けるべきなんだ。高慢なことに、いつまでも社会的弱者でいないでくれ(傷つき疲れる姿を見たくない)とも思うし、自己破壊してより謙虚になるべきだ(こちらの謙遜を真に受けないでくれ)とも思う。思ってしまう。何か強い目的や夢があってその状況に甘んじているなら覚悟があるからいいのだが、そうでないならそばで見ているのは苦痛だし、卑屈な発言(正社員じゃない、大企業じゃない、大卒じゃないetc)にこちらも合わせてへりくだるのが苦痛だ。というのもその謙遜は空疎な嘘だからだ。自分は割かし入念に戦略を練る類の人間である。

自分はYの痩せ我慢気質と容姿が好きなだけなんだなと思う。でも友人を取捨選択するという考え方にならないので、関係は続くような気がする。会話があんまり成立していないことを理解されていないのが苦しい。

 

美大進学以降、「努力不足ゆえに自分の頭が悪くて生きているのが恥ずかしい」という感情が身を潜めてしまったが(こういうのは逆に嫌味だから)、未だに人格の古層にはあるなと思う。というのも父親は小学生の頃から真っ当に毎日何時間と勉強し続け、還暦超えて未だに国宝級の知性の益を社会に還元しているからだ。翻って自分は怠惰だし、贅沢好きの私利私欲の人間で本当にクソだなと思うこともなくはない。父のように賢く正しいにんげんになりたかった。

そういえば高校生の頃好んで誦じたつもりだった「道程」が実のところラスト9行しか覚えてなかった。全体は思ったよりも10倍くらい長いんだな(追記:高村光太郎の「道程」がよく知られる9行の詩となったのは後年のことで、1914年に作られた当初は102行の長詩だった)。この詩においては自然を父に例えているのでこういう言い方は的外れなのだけれど、自分が持ってる実際の父性のイメージにかなり近い。自分は父親を1人の人間として捉えられない。超俗的なアスペルガー症候群の瓶底メガネのガリ勉。それを何か広大な自然のように茫漠としたものとして捉えている。つまり父と自分との間にまともな情緒の交流は成立していない。ポール・オースターの「見えない人間の肖像」のことも思い出した。

どこかに通じてる大道を僕は歩いてゐるのぢやない
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出來る
道は僕のふみしだいて來た足あとだ
だから
道の最端にいつでも僕は立つてゐる
何といふ曲りくねり
迷ひまよつた道だらう
自墮落に消え滅びかけたあの道
絶望に閉ぢ込められたあの道
幼い苦惱にもみつぶされたあの道
ふり返つてみると
自分の道は戰慄に値ひする
四離滅裂な
又むざんな此の光景を見て
誰がこれを
生命いのちの道と信ずるだらう
それだのに
やつぱり此が此命いのちに導く道だつた
そして僕は此處まで來てしまつた
此のさんたんたる自分の道を見て
僕は自然の廣大ないつくしみに涙を流すのだ
あのやくざに見えた道の中から
生命いのちの意味をはつきりと見せてくれたのは自然だ
僕をひき廻しては眼をはぢき
もう此處と思ふところで
さめよ、さめよと叫んだのは自然だ
これこそ嚴格な父の愛だ
子供になり切つたありがたさを僕はしみじみと思つた
どんな時にも自然の手を離さなかつた僕は
とうとう自分をつかまへたのだ
恰度そのとき事態は一變した
俄かに眼前にあるものは光りを放射し
空も地面も沸く樣に動き出した
そのまに
自然は微笑をのこして僕の手から
永遠の地平線へ姿をかくした
そして其の氣魄が宇宙に充ちみちた
驚いてゐる僕の魂は
いきなり「歩け」といふ聲につらぬかれた
僕は武者ぶるひをした
僕は子供の使命を全身に感じた
子供の使命!
僕の肩は重くなつた
そして僕はもうたよる手が無くなつた
無意識にたよつてゐた手が無くなつた
ただ此の宇宙に充ちみちてゐる父を信じて
自分の全身をなげうつのだ
僕ははじめ一歩も歩けない事を經驗した
かなり長い間
冷たい油の汗を流しながら
一つところに立ちつくして居た
僕は心を集めて父の胸にふれた
すると
僕の足はひとりでに動き出した
不思議に僕は或る自憑の境を得た
僕はどう行かうとも思はない
どの道をとらうとも思はない
僕の前には廣漠とした岩疊な一面の風景がひろがつてゐる
その間に花が咲き水が流れてゐる
石があり絶壁がある
それがみないきいきとしてゐる
僕はただあの不思議な自憑の督促のままに歩いてゆく
しかし四方は氣味の惡い程靜かだ
恐ろしい世界の果へ行つてしまふのかと思ふ時もある
寂しさはつんぼのやうに苦しいものだ
僕は其の時又父にいのる
父は其の風景の間に僅ながら勇ましく同じ方へ歩いてゆく人間を僕に見せてくれる
同屬を喜ぶ人間の性に僕はふるへ立つ
聲をあげて祝福を傳へる
そしてあの永遠の地平線を前にして胸のすく程深い呼吸をするのだ
僕の眼が開けるに從つて
四方の風景は其の部分を明らかに僕に示す
生育のいい草の陰に小さい人間のうぢやうぢや匍ひまはつて居るのもみえる
彼等も僕も
大きな人類といふものの一部分だ
しかし人類は無駄なものを棄て腐らしても惜しまない
人間は鮭の卵だ
千萬人の中で百人も殘れば
人類は永久に絶えやしない
棄て腐らすのを見越して
自然は人類の爲め人間を澤山つくるのだ
腐るものは腐れ
自然に背いたものはみな腐る
僕は今のところ彼等にかまつてゐられない
もつと此の風景に養はれ育はぐくまれて
自分を自分らしく伸ばさねばならぬ
子供は父のいつくしみに報いたい氣を燃やしてゐるのだ
ああ
人類の道程は遠い
そして其の大道はない
自然の子供等が全身の力で拓いて行かねばならないのだ
歩け、歩け
どんなものが出て來ても乘り越して歩け
この光り輝やく風景の中に踏み込んでゆけ
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出來る
ああ、父よ
僕を一人立ちにさせた父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の氣魄を僕に充たせよ
この遠い道程の爲め

高村光太郎「道程」)

 

240523thur

曇 25℃

7時ごろ起床。朝の貴重な出社準備時刻の最中にYが階下に降りてきたので、まあ焦った。当然雑談する余裕はない。8時前には家を出て半年分の定期券を購入。朝から8時間の勤務。つらい。

○日新聞が面白い。23日付フランス・フードバンクの今。福祉スーパー8割引。無料ではなく少しでもお金を払うことで心理的ハードルを下げる仕組み。16時から23時ごろまで頭痛が続いた。熱はないようだ。

終業後Sにて1975年の耽美的スリラー映画「ピクニック atハンギングロック」鑑賞。帰りがてら休職について真剣に検討する。

19時半にYから「今日くらいは一緒に夕飯を食べられるか」とLINEが来るが、当日言われてもどうすることもできないというか、せめて昨晩の時点で言ってくれたら退社後直帰したのだが、、、いやしかしいずれにせよ今日は頭痛のため食べられないなと思う。適当に返信する。22時ごろ帰宅すると、Yが作ってくれた麻婆茄子と中華スープがキッチンに用意されていた。しかし引き続き頭が痛く食べる気になれないのでパスした。

240522wed

24℃ 晴

日記をつける際にこれだけの日数lagが発生していると、「過去のこの日付に具体的に何が起きたか」の記録と「書いている時点で何を考えたか」の記録になってしまう。具体的な出来事の真っ只中で、自分は何を感じ・考えたかを書き出せない。というわけで再び数日分すっ飛ばして最新日付のログをつけ、その後日付を遡って書いていくこととする。

9時ごろ起床しゴミ出し。

昨晩27時ごろ(もはや今日なのだが)、時差を換算した誕生日LINEをTに送った。

 

ネット上で、女性なのだろうと推測される書き手が(様々な”ジェンダーロールの””受け入れ”の上で)書き手自身の感受性のやわらかさを肯定的に綴っているのを見かけた。そういう、自分のやわらかく儚い文章に安らっている感じが鏡のようにこちらの自意識を立ち上げてしまい、読んでいて舌を噛み切りたくなるほど居心地が悪かった。自分の過敏さや内面のうるささや野蛮さを肯定的に評価するわけにはいかない自分の苦しみがみっともなく無駄なもののように感じられた。そういうテイストで文章が上手な人というのは世の中には多いのだろうと思った。毒抜きしてある感じも気持ち悪くて嫌だった。泥付きの採れたて新鮮ゴボウ的感情は認めないというふうだった。毎日地下鉄に揺られながら「ちかいちかいちかい!お前ふざけんな○すぞ」と目の前の他者に殺意を発している類の人間である自分は、心の底からこの人の視界に入りたくないなと思った。洗練されていて優秀な人なのだろうと思った。

 

恋人であれ友人であれ職場の人であれ、他人といる時の自分が何か善い人であるかのように扱われることに結構助けられている。自分にとって自分はかなりキモい存在なのだが、他人からしてみれば自分はその辺の風景と同程度のものというか、つまり気持ちが悪い存在じゃないんだな。自分の周りにいる人は自分がこういう思考回路の人間だということを知らないだろうし、こちらに大して興味もないと思う。職場で「キモい」「くさい」と女性陣から疎まれているおっさんを指して、「自分はこの人に一番親近感を感じている」と言ったら先輩に驚愕された。3週間ほど前だったと思う。自分の認識はズレているのかもしれない。そういうふうにズレているところも含めて自意識過剰でキモいから、「女性的な」女性の視界に入りたくない。認識がお互いにおかしすぎて妙な異次元が発生してしまう。あるいは何一つこちらの意思が存在しないことになってしまう。

240521tue

曇のち雨 28℃
10時ごろ起床し、身支度して12時頃家を出る。Sにて濱口竜介監督作品「悪は存在しない」を観た。テーマが「理想郷」と近いものがある。「理想郷」はフランス人夫婦が移住した先のスペインの村に風力発電建設の話が舞い込む、割と悲惨な話。「悪は存在しない」は長野県の架空の町にグランピング計画が持ち込まれる、割と悲惨な話。
観賞後、Hにて5冊本を借りる。マニュアル・カステル『都市とグラスルーツ』やハルトムート・ローザ『加速する社会』などだいぶ分厚く重い。
夕方から8時間の夜間勤務。しんどい。日○新聞が面白い。18日付で雨の庭園ランキング。台東区の旧朝倉文夫氏庭園が気になる。

26時ごろに帰宅。Yがキャロットケーキを焼いてくれていたらしい。2個もらった。

しかし帰宅後に食事をとる習慣ができてしまうのは、これかなりまずい。もともと19時ごろの弁当で済ませて、家についたらあとは寝るだけ生活だったのに。Yは「深夜でも罪悪感がないように〜」と書いてくれているので食べないのも気が引けるけれど、もともと深夜帰宅後(23時以降)に食べる習慣があると思われていたのだろうか?自分はストレスが溜まった時は帰宅後に食べるが、そうでなければ食べない。深夜に食事をとりたいかというととりたくはないのだが、わざわざ用意してくれたのに食べないのも申し訳ないなと思う。これはしかしこのままでは肥える他ない。

240520mon

曇 21℃

8時ごろ起床しゴミ出し。仕事は休み。

アトリエでの制作もレポート執筆も何ひとつ捗らない。「メトニミー」や「シネクドキー」が出てくるレポート課題を見つけ、面白そうなので今度取り組みたい。大学のドイツ語動画講義を消化した。隣家の解体工事が来週から始まるらしい。心配である。耳栓と防音イヤマフで凌げるだろうか。

Yは今日も19時ごろに消灯していた。ここまで生活リズムが異なるとは思ってもみなかった。20時ごろYが作ってくれた鱈の煮付けと小松菜ナムル、そして白米、納豆、味噌汁を食べた。冷蔵庫に言伝を書いておくことでお惣菜コミュニケーションが成立している。

夜21時ごろ明日の分のゴミを出す。そのままスーパーへ。アンティークな味わいのバラ2本を買う。

240519sun

曇のち雨 24℃
9時ごろ起床。アトリエにて線描。なかなかいい手応え。

期限ぎりぎり過ぎた鶏むね肉を食べようと思い立ち、ケチャップ炒めを作った。朝食は食パンとケチャップ炒めチキンとヨーグルトとカフェオレ。

昼頃、雨が降り出す前に図書館へ赴き4冊借りる。家を出る前と帰った後にYと軽く雑談。職場での対人距離にかなり困っていること、そのことで昨日今日と在宅勤務にシフトを調整してもらったことを話す。
午後から8時間の在宅勤務。夕食は白米とケチャップ炒めチキン、追加で納豆とめかぶと冷奴。Yは今日も19時過ぎには消灯していた。健康生活すぎる。

終業後、22時半よりTと恒例のリモート飲み会。Tは出張中は隔週で週6日勤務で、日本との時差が3時間半あるにも関わらず週末にこうしてリモート飲み会に付き合ってくれる。こちらは八重泉ソーダ、Tはビールを飲む。仕事ぶりはどうだといった近況報告と、開発の進捗報告。ちょっと前まで英語の勉強を朝晩毎日やっていたらしいが、今(滞在累計5ヶ月)は聞き取りも上達して余裕ができたのか、文具開発に注力しているようだ。出張中はホテル暮らしで家事の負担がないのも良いのだろう。通信の具合が悪い瞬間もあったが、ビデオ通話できていた間はリアルタイムSNOWのような顔加工機能を使って遊んだ。こんな機能があるんだね〜と感心しながら美肌加工されたTや犬顔のTを見ていた。2時間半くらい通話した。Yがつくねの大葉焼きを作ってくれたのだというこちらの暮らしぶりもシェアした。日本は薬味があっていいなあと言っていた。

240518sat

晴 28℃

9時?ごろ起床、流しにプロテインのシェイカーを確認。どうやら朝食はプロテインで済ませる派らしい。階段を降りてきたYと軽く喋る。洗濯機の排水ホースの扱いについて説明する。

朝食はキャベツとベーコンチーズのホットサンド。庭先の大葉とパッションフルーツとミントなどに水やりをする。空がとても明るく眩しい。

午後から8時間の在宅勤務。勤務の合間に進める予定だった諸々の進捗が悪い。とりあえず図書館に本の予約を入れた。Yは19時には消灯していた。早い。
22時すぎに仕事を終えて1階に降りると、冷蔵庫にYが作ってくれたつくね団子の大葉焼きがあった。遅くだが食べることにした。美味しかった。

240517fri

24℃ 晴

昨晩のうちにゴミを出していたため、10時すぎに優雅に起床。バナナとフォカッチャと目玉焼きと練乳カルピスとヨーグルトで朝食を摂る。

1階のテーブルを少しずらし配置換えをし、敷物を夏仕様に変えた。全ての部屋を換気して空気を入れかえた。

午後から8時間の在宅勤務。16時ごろ炊飯器をセット。17時ごろ最寄駅にYを迎えに行く。ちょっと行き違いがあったらしく、Yはこちらが迎えに来ると思ってなかったようだ。駅に着くなり次の仕事応募先への折り返し電話をかけ始め、自分は声をかけるタイミングを間違えてしまった。駅から自宅に移動しながら、Yは応募先への通話をし続けた。端的に気まずい。
帰宅のち、Yに個室を案内し合鍵と5000円の入った財布を渡す。何か家で必要なものがあった時に買うためのお金だった。何かあっても惜しくはない程度の額である。18時ごろに冷凍ハンバーグと味噌汁と米を用意して夕食。その後風呂を沸かす。こうした待遇は初日のみで、明日以降はお客様ではないので好きに過ごして欲しいと説明。思ったよりYの食事がゆっくりで(思い返せば元々ゆっくり食べる人だった)焦ってちょくちょくiphoneを確認し、さっさと在宅勤務に戻る。Yは3時間に及ぶ電車の長旅で疲れたのだろう。20時すぎには寝床に就いていたようだ。こちらは22時半まで仕事をし、その後入浴して日付が変わるころまでだらだらした。

家の前の通りをトラックが通るたびに、Yがうるさく感じて目が覚めてしまわないかと冷や冷やした。そういえばYはどんくらいの期間うちにいるつもりか聞いていない。多分Yの考え方感じ方からいって長くて2ヶ月くらいなのではなかろうか。こちらは別に半年程度ならいても特に困らないので気にしていない。ところでTがこちらと一緒に暮らせる住まいを都内で探しているらしいのだが、T自身が長期出張の繰り返しなので話が進まないのだ。

自分は周りの人間の都合に流されていることだなあ。

240516thur

24℃ 晴

8時ごろ起床しゴミを捨てた。朝の光がだるい。

午後から出社し8時間の勤務。

休憩時間にKに5冊本を返却し、Tにてサングラスと洗濯ネットを買った。

東京駅はインバウンド客が多くて心理的に苦しかった。落ち込んでいてしんどい時に自分の日常生活圏を浮かれたインバウンド客の観光地にされるのはつらいものがある。目の前でなんか事件があった時にコミュニケーションコストがかかるよなあなどと身構えてしまって怖いのである。

自分を棚に上げて言うが、あらゆる人間には落ち着いていてほしい。自分は乳幼児〜若者が苦手であり、幼小中高大学のいずれも苦手だ。翻ってくたびれたおっさんの多いオフィス街はかなり好きだ。ギラギラしてなくて静かで安心感を覚える。自分の言葉がちゃんと通じると思って落ち着いて過ごせる。自分もいずれはくたびれたおっさんになるのだ。

23時ごろ帰宅し就寝。

240515wed

26℃ 晴のち雨

9時ごろ起床。超熟フォカッチャをホットサンドにしてブルガリアヨーグルトとカフェオレで朝食。アトリエで水彩紙を触る。大学のドイツ語動画講義を消化。

洗濯機を2回回し、布団を再度日に当てて干した。枕カバーと座布団カバーを洗った。

昼、iphoneのホーム画面を設定。Tの顔をかなり写実気味に描き込んだスケッチを光で飛ばした加工を施したオレンジとパープルのオシャレな画面に設定する。その他にコブハクチョウと北欧絵画のホームも設定して3つをすぐ動かせるような状態にする。

 

Yが来る都合上、家に新しいクッションが欲しいと思いネットサーフィン。KEYUCAやMUJIなどであれば揃えているだろうか?Amazonも覗いて相場を確認。夕方ごろにリサイクルショップへ行く。しばらく物色したのち、ほぼ新品のグレー地のシンプルな肘掛付き座椅子(定価6000円くらい)を1500円で買って担いで帰ってきた。写真を撮ってTに送る。「玉座だ」とのこと。自分でも座ってみる。玉座である。最近ipadを買ったり贈り物をしたりと出費が多いから絞れるところは絞ろうと思う。

少し肌寒く感じ毛布をかける。